Twitter / unepist

カテゴリ:音楽( 21 )

『マッピー』用ボーダー

ミドリ VS 9mm Parabellum Bullet

もう先週のことになってしまいますが,ミドリのLIVEに初参加してきました!
ライブDVD『初体験』の発売を記念して行われる全国対バンツアー『VS 初体験ツアー』のファイナル@渋谷AXなのですが,〆を飾る対バンはなんと9mm!ミドリ×9mmだなんて,なんて熱いブッキングなのでしょう.

続きを読む
[PR]

by unep | 2009-12-17 00:07 | 音楽

『マッピー』用ボーダー

Salyu Merkmalツアー追加公演@CCレモンホール

同期に誘われてSalyuのライブを観てきました(このツアーを観に行くのは2回目).
彼女のライブを観るのはこれでもう何度目か.数年前は観る度に歌唱力が上がっていることに驚かされていましたが,ここ数回は歌唱力のアップよりもアーティストとしての表現が変化していく様に心を奪われる感じです.
唄い方は,初めて観た時とくらべて,かなり変化した気もするし,ここ数回はいかにパワーを抑えて唄を表現するかというあたりに重点を置いているような印象.あくまでも印象だけど.
実際,裏声で声量を出せば音が抜けて唄えるところを,そのままの声でカバーするのだから,こちらのほうがはるかに難しい.これは,本人の体形が変わったことも大きいのかな?

今回のツアーは,これまでの集大成といった感じで,すべての楽曲をほんとうに惜しみなく演奏しているのですが,聞いていて何回鳥肌が立ったことか.とくに彼女にとっての転機になった『リリィシュシュのすべて』からのカットインとなった「RELOAD」の文字が背景の映像に映し出されるあたりは何度見ても圧巻.
これまでのファンに向けた演出をこんな風にさりげなく入れつつ(たぶん知らない人が見ても違和感はないはず),ベスト盤から入った方でも楽しめるような選曲なのは,相当考えたのだろうなぁと思いました.

さてさてライブの感想はこのくらいにしておき,今回のCCレモンホールはツアー最終公演ということで素敵なサプライズが用意されていました.アンコール後に舞台の袖で立ち止まり花束を手に取った彼女が,ツアーの締めくくりにと共演を願い出たのは・・・というか

小林武史が出てきやがった!

最後の最後に,ライブではやらなかったDialogを小林武史のキーボードとのセッションで演奏.
バックバンドのKB:Sunnyさんには悪いけれど,やはりSalyuと小林武史って組み合わせは特別です.Salyuの唄い方にも楽曲へのリスペクトが色濃く出てくるからなのかも?
以前にどこかのライブで彼女が言っていたのですが,ほんとうに楽曲に恵まれたアーティストなのだと改めて思いました.

さてさて,次はどこのステージで観ることになるのやら.
[PR]

by unep | 2009-04-25 14:47 | 音楽

『マッピー』用ボーダー

Mo'some Tonebender『Rockin' luuula』リアルタイム視聴レポ

12月にMo'someの新譜が発売されていたらしいのだけれど,ぜんぜん気づかなかった.で,eBookOffで安く売っていたのでさっそく購入.ちなみに,いっしょにはっとりみつるの漫画『イヌっネコっジャンプ!』を全巻買ったのは内緒の話.
なんとなく思いついてリアルタイムに初聴きしながら感想を書いていくことにしてみる.

1.奇跡の歌
いつもどおりの静かな幕開け.
後半からはお約束どおりに音量がアップするが,それでもなんだか優しい歌な気がする.

2.ロッキンルーラ
どうやら表題曲.名前のとおりにロッケンローな感じ.
ここまでの2曲はけっこう直球な感じ.前作はなかなかにトリッキーな感じだったのでそれを少し期待していたのだけれど・・・.でも,Mo'someのアルバムとしてはいいバランスかな.

3.RED GUITAR C'mon
きたねコレ!疾走感を期待させるギターリフ.
ギターソロに痺れてやられる.

4.ビートルバーナー
シングル曲.ハチャメチャな感じがけっこう好きな曲.

5.Have you ever seen the stars?
なんかFoo Fightersっぽいね.空間的な広がりと重めのギターが気持ちいい.

6.マッシュポテト・ブギー
なんだかいろいろな要素をぶち込んだ実験的な楽曲という印象.
基本はストレートなロックなんだけどね.Mo'someらしいといえばらしい.

7.2時間前
ここで中間点の折り返しを感じさせる曲.
こういう穏やかな曲調はMo'someのもう一つの武器.
でも,これだけさわやかなのは久々かもしれない.

8.in the air
こりゃ名曲かもね.
アルバム全体のトーンだけれど,優しい曲が多い.これもそんな曲.
でも,この爽やかな感じは今までとちょっと違うな.

9.トカゲ
予想通りに激しいナンバーがきた.グランジとかそんなのを感じさせる古典的なオルタナロック.

10.ボルケーノラブ
暴走系.歌詞がめちゃくちゃw
アルバムに1曲は入ってるこの手の曲だけど,今回はやっぱりおとなしめ.

11.happy icecream
裏打ちが気持ちいい.これ途中で前後ひっくり返らないかなぁ♪
こいつもはちゃめちゃな編曲だね.楽しい.

12.ペチカ
こいつもシングル曲.ベースのイントロがかっこいい.
壮大なスケールな感じだね.名曲.

とこんな感じでしょうか.全体的には前作のトリッキーさが消えてストレートにギターが鳴って,かつ爽やかさがかなり加味された.前作が音楽的なターニングポイントになったのかな.
[PR]

by unep | 2006-01-11 14:17 | 音楽

『マッピー』用ボーダー

ACOも久々に新譜

なんかアメコミBlogの癖に音楽の話ばかり書き綴る今日この頃.
で,朗報です.まぁ俺にとってはかなりの朗報.

ACOが新作をリリースするそうで.だいたい3年ぶりくらいらしいですね.前作Ironyは唄モノからは完全に離れた感があって,内容的に面白くてもACOのアルバムとしては欲求不満に感じていたのですが,今回はポップな路線に戻ったとかそんな話.
エレクトロニカっぽいのも好きなんだけれど,やっぱACOはAbsolute egoのあたりが一番好きだったりする.ACO=ソウル・バラッドとかそんなイメージ.

こういう書き方をすると誤解を与えるかもしれないけれど,エレクトロニカとか音響系とかそういった類の音楽を彼女が作るのはもったいない気がしていた.楽曲が悪いとかそういう意味では決してなく,むしろ音楽としては面白い方向に傾いているのだけれど,その必然性を感じなかったということ.もちろん俺の個人的な意見.
なんていうか,彼女がそれをやらなくてもいい・・・というか,ACO名義で出すのは違うような・・・いや,名盤なんだけどねIronyは.ステレオタイプでしょうかねコレは^^;;

とまぁ,別にIronyをけなしているわけでないことは理解してもらいたい.たぶん,Radio Headの『Hail to the Thief』があまり好み出ない理由と同じだなこれは.挑戦していく姿勢は好きだけれど,あまりに飛躍しすぎてリスナーが着いてこれなかった・・・というケースのリスナーだ俺は.
後世のファンからはバカにされるタイプの人間w
曰く『先進的過ぎて理解できなかった・・・みたいな』

ということで,ACOの新譜にはすごく期待している.公式サイトに行ってみたけれど,相変わらずサイト構成が無茶苦茶で情報にアクセスできなかった.2月下旬に出るとCDjournalさんは報じている.7曲入りかぁ・・・まぁ買うけども.
[PR]

by unep | 2006-01-11 13:09 | 音楽

『マッピー』用ボーダー

スピッツとベスト盤

『RECYCLE』という名前のspitzのベスト盤がでてから結構経っていると思うのだけれど,そいつを廃盤にして新たに2枚のシングル集を出すという話.

RECYCLEに収録されている曲はなかなか美味しいので持っているって人も多いし,スピッツ入門用としては外れでもないような気はする.ただ,俺がロック好きにスピッツを初めて聞かせる(ロック好き相手に,そんな機会に出会ったことはまずないけど)としたら,こいつを薦めることはないし,ベスト盤っぽいの聞かせるにしてもやっぱ『フェイクファー』を持っていくと思う.だってあのアルバム,普通に出したくせにベスト盤的な構成すぎだもの.

で,RECYCLEの話.こいつは所謂『商業盤』.契約上出さなければならなかったり,売り上げがドカンとほしい場面なんかで活用される切り札的存在.世の中にはベスト盤ばかりだすようなミュージシャン(とくにYMOとかブルーハーツとか)がいたりするけれど,これって実際には本人が出したくて出しているわけでもないってことが多い.
ちょっと前に,音楽の売り上げが激減した時期なんかにはベスト盤ラッシュだったわけだけど,アレと同じようなもの.レコード会社がいろんな権利(詳しく知らない)を持っているからアーティストに発売を持ちかけて了承が出れば発売・・・という仕組み.そのあたりはいろいろと難しい問題があるそうで.ノルマとかそんな話.所詮は契約社員.

で,RECYCLEは実際のところスピッツの反対を押し切ってレコード会社が出した作品集だったりする(これは発売当時にも言われていたけど,やはり本当だったようで).でも,シングル集なんて美味しいものはほしいのがファン心理.これを買って聴くのはそりゃ悪いことじゃない.
ただ,スピッツ好きが聞いてればどうしても思ってしまうのは『これって売れた曲コレクションだし,なんか美味しい部分を取り逃してる気がする』ということ.その時期のスピッツが好きな人にはほんとたまらない作品だけど,現在進行形で聴いているとだいぶ路線が違うよねってこと.
間違っても集大成としてのベスト盤ではないんじゃないかと思う.

で,そんなベスト盤を廃盤にして,スピッツは新たにシングル全曲を収録するアルバム2枚を出すらしい.こいつは決してベスト盤ではなくシングル集.スピッツの美味しいところがどこにあるかは聴く人次第だとしても,やっぱシングル集=ベスト盤ではないのだろうね.本人たちもそのつもりなのだと思う.
ネットで見た記事には,なかなか面白いことが書いてある.なんていうかロックだなスピッツってやっぱ.まぁ,裏の事情がどうなのか知らないけれど.

追記:TB先からのリンクで発見したバンド&事務所の公式見解(公式サイト内)
[PR]

by unep | 2006-01-10 15:49 | 音楽

『マッピー』用ボーダー

あけましておめでとうございます

年末~正月休みを経て,本日から更新再開いたします.
今年もよろしくお願いいたします.

新年一発目の話題は年末に行ってきたCOUNTDOWN JAPANから.
今年は妙にメジャーアーティストが多くてアレな予感いっぱいだったのですが,幕を下ろしてみればロックロックしていたのではないかと思います.実力あるバンドってのはやっぱ知らない人でも惹きつけるだけのパワーがあるのでしょうね.
とりあえずさらりと感想を.

続きを読む
[PR]

by unep | 2006-01-05 18:27 | 音楽

『マッピー』用ボーダー

友達のLiveに行ってきたですよ

地元のライブハウス『浜松Force』で友人のバンド『雨傘』がライブだったので行ってきました.
対バンはチャコールフィルター,Echo-SUN,BlackListControlの3組.チャコールは有名なんでなかなかの集客でした.

で,『雨傘』のライブもすごいよかったんだけど,『echo-SUN』はマジでかっこよかったので惚れちゃったねこれは.後期ミッシェルガンみたいな雰囲気のブルーズで,ベースがものすごくJazzyな感じ.Voの人もいい声してたし,演奏レベルも高かったしで満足しました.
お目当てだった『雨傘』は曲調がものすごい好きなんだよね.PopとRockを上手に混ぜた・・・というかまぁ,高校の時分に聞いていたJ-Popみたいな.あの頃に流行ってた曲って,質の高いのがけっこうあったなぁ.
ただ,メインのはずのチャコールはそこまで趣味じゃなかったです.あまり聴かずにきた俺も悪いのだけれど,そんなに心弾む感じではなかったなぁ.弾けたパンクっぽい明るいのが好きな人にはオススメかもしれないですね.演奏技術はそれはもう高かったですとも.

最近,軽音サークルにも出られていなかったのだけれど,久々にあっても話が弾むところが(とくに音楽)やっぱいいなぁと思った一日でした.
[PR]

by unep | 2005-10-31 23:03 | 音楽

『マッピー』用ボーダー

Mew『And the Grass Handed Kites』

2年ぶりくらいになるMewの新譜.彼らのデビュー以来,新人でここまで面白い音楽をやってるバンドには出会えなかった(俺のアンテナが狭かったってのもあるんでしょうけどね)ので,久々の栄養分補給って感じだ.
雰囲気は前作を踏襲してはいるものの,音楽的な厚みに大きな違いが感じられる.曲の構成がそもそも違うということもあるのだが,前作までのメロに頼りすぎな感じがなくなってバンドとしての音楽のまとまりが良くなった.ドラマチックな曲展開はそのままに,欲しかった音がしっかりとパーツとして響いてくるのは快感以外の何物でもない.

今回のアルバムの注目は何といっても看板曲(多分)の『Apocalypso』.『Am I Wry?』ほどのインパクトはないが,ギターのサウンドが気持ちいい.Museの楽曲を聴いているような感じだ.これはアルバム全体にいえることだが,ギターのエグさがパワーアップしている.
また,曲間のつなぎを廃しているところも面白く,1~3,4~7,8~10,の前半~中盤パートまでがつながる構成になっている.日本版にはボーナストラックとして『White Lips Kissed』の日本語版『Shiroi Kuchizukeno Izanai』が収録されている.日本語のVoが異常にうまいのには感服した.彼はおそらく,日本語も英語も言語ではなく音としてとらえているのではないかな・・・と少し考えた.
[PR]

by unep | 2005-10-25 16:58 | 音楽

『マッピー』用ボーダー

Mewの新譜忘れてた&KORNも新譜が出るらしい・・・

しまった・・・気づかない間にMEWの新譜が発売されていた.
というか最近,Mew official siteからのメールマガジンも届いていなかったのですけど??
まだかなぁ~と思いながら待ち続けていたので,発売から1ヶ月経ってしまっていたことに大きなショックを受ける.
視聴してみた感じ(ほんの十数秒ずつだけど)では,前作とほとんど変わっていない感じだ.演奏のレベルでは進化しているかもしれないけれど,もう少し意欲的なことをしてくれても面白いかな・・・まぁ,買いますけど.
11月には来日公演も4箇所あるみたいだが,時期的に忙しい(COUNTDOWNも行くし金銭的にも余裕ないし)のでパスするしかないみたいだ.

で,KORNも2年ぶりくらいの新譜を発売するらしい.
なんか,メンバー脱退とか移籍とかいろいろあったようなきもするけど,最近はこの手のミクスチャーっぽいのも聴かなくなったので「久々に聴いてみると発見があるかも?」・・・と,手元にあったLimpを聴いてみたが正直あまり受け付けなかった.
こりゃLimpだしな・・・とRageを聴いてみたらやはり反応しない.ちょうどそういう時期なのかもしれないけれど,歳をくってしまったのかしら.
[PR]

by unep | 2005-10-16 23:37 | 音楽

『マッピー』用ボーダー

COUNTDOWN JAPAN 05/06出演者第2弾発表!

今年の年末もCOUNTDOWN JAPANです.
すでにチケットは申し込んだので,あとは出演者発表を待つだけ・・・なのですが,すでに大半が発表されていて,COUNTDOWNへのカウントダウンはすでに半分終わってしまった感じ.(それでも残り20組は出演するらしいのですけどね.)
重要なタイムテーブルは全アーティスト発表後までは未公開なのでそれに期待かな.
ことしも例年通りのメンツを揃えてきたみたいです.楽しみだけど新鮮さは薄れたかな.

期待なのは公式サイトの
『そして10月20日には、大きな動員が予想されるアーティストが複数発表される予定です。』
というコメント.大物を後回しにしてくれたおかげで,妙な観客が集まるのを未然に防いでくれたのだと好意的に解釈.
正直,Bump of Chickenが出演したRushballとかは客がひどかった若い子ばかりだったですから.


最近はバンドブームの流れでフェスブームにまでなっているようなので,昨年よりはマナーが悪いこと必須かと思われますがCOUNTDOWNはけっこうだらけて自由な雰囲気が気に入ったイベントだったのでそのノリで楽しんでこれたらいいなぁ・・・.
[PR]

by unep | 2005-09-21 22:59 | 音楽

『マッピー』用ボーダー