Twitter / unepist

絢爛プレイ日記10

ついにこの日が訪れた.
『火星独立記念日』は2252年の11月25日となった.

期待を裏切らないネーバルウィッチ艦隊は冥王星の戦力を残り5まで削り,我に課された戦闘ノルマは残り15.火星衛星と土星の艦隊を執拗に追いまわしながら大勝を収め,火星南極付近で強襲をかけてきた火星衛星の残党を返り討ちにしたところで『ニュース』をチェックすると火星独立の報が入っていた.・・・ムービーも何も流れないところが流石に絢爛舞踏祭である.
この結果,太陽系内の敵対勢力はほぼ完全に無力化.火星に残された敵艦隊を掃討すれば,あとは第5,6異星人との対決に専念することができる.

この第5異星人(Fという機械化された生命)はすでに残り戦力が3まで低下しているので,残る第6異星人(蜂とよばれる生命,ゲル状の第7異星人ペペと共棲している)の130の戦力が最後の敵というわけだ.まぁ,もしかしたらネーバルウィッチが冥王星を占領後に光国要塞や天王星との戦争が始まるのかもしれないが・・・.

どちらにせよ,第6異星人討伐後の戦局は,夜明けの船からは間接的にしか介入できないものとなってしまうため,当面の目的は火星経済の安定に努めることとする.クリュセ,タルシスに続きアキダリアまでもが右翼化傾向にありTDFへの支持が高まっている.当面は,これらの都市間の貿易品を経済レベルの低下した都市へと横流しすることで何とかするつもりだが・・・正直なところ火星全体が好景気に向かいつつあるため右翼化を押さえられるかは心配なところである(最悪,4月選挙で残る惑星も敵となる可能性が強いわけだ)
[PR]

by unep | 2005-07-29 16:20 | その他

『マッピー』用ボーダー

<< 絢爛プレイ日11 絢爛プレイ日記8 >>