Twitter / unepist

絢爛プレイ日記8

火星の内戦もそろそろ終結に向かいつつある.
現在,太陽系内にある武力の総数が330程度.現在交戦中の『火星衛星』と『土星』がそれぞれ6と15,ネーバルと戦争中の冥王星が24・・・この中から30削れば火星は晴れて独立することとなる.
現在,太陽系の大部分は革新派で占められているため,来年の4月全国区選挙までに戦争を終わらせることができれば,クリア目標である『PCによる介入なしの状態で100年の平和の実現』も達成できそうだ.先が見えてきた.

現在のところ,できる限りPCによる殺傷を避けようと撃墜数300を超えたところで何とか踏ん張っている.重要な局面以外の戦闘はすべてRBに任せ,悠々自適の艦長生活である.
このまま,火星平定後は艦長職を退きたいとまで思ってはいるが,都市船の経済回復による右翼化傾向を防ぐためにもう少し辛抱せねばなるまい.理想としては宇宙が中道で統一されれば文句なしなのだが・・・それにはちと私の力量では不足なようだ.

最近は,民意がTDFに傾いたクリュセ,タルシスの付近で船舶の臨検を繰り返している.獲得した『取り引き物資』は経済基盤が傾いて餓死者が発生しているオリンポスへの増援物資に当てる.友好度が下がった分は人材の解放で補う.
そもそも人口減少による生産力低下を何とかしなければ根本的な解決にはならないのだが,焼け石に水とはいえ効果がないわけではない.(特に,右翼化の抑止という面では妥当だ.)
[PR]

by unep | 2005-07-28 14:40 | その他

『マッピー』用ボーダー

<< 絢爛プレイ日記10 絢爛プレイ日記7 >>