Twitter / unepist

絢爛プレイ日記7

選挙も終わり,敵対勢力の艦隊も少なく,火星には平和が戻りつつある.
それもこれも,『夜明けの船』が早々に地球と月,光国の艦隊を撃破してしまったからなのだが,最近では第5,第6異星人と火星衛星,土星までもがチクチクと艦隊を派遣してきている.
派遣艦隊自体はたいした戦力でないため,半数は一度の出航で一掃して帰るわけだが,だんだんと作業的な業務になりつつある.

ちなみに,現在の夜明けの船主力兵装は『小型魚雷』と『感応機雷』.それぞれを魚雷8発,機雷24発装填するのが性にあっている.
小型魚雷を8戦闘分持ち歩ける計算なので,だいたい6~7艦隊を撃破して寄港するペースだ.

正直なところ,10月選挙が上手く行ったのか敵艦隊の派遣が少ない(というか,第6異星人以外は戦力が小さい&第6異星人はネーバルと敵対関係)ため戦闘がヌルくなってしまった.
火星衛星は残り戦力10で撤退寸前だし,土星&第5異星人も残り30といったところ.唯一第6異星人が130ほどの戦力を保持しているようだ.
・・・ただし,敵は思わぬところにいた.

現在,火星では都市船ごとの貧富の差が大きくなってきている.
特に,クリュセ・タルシスの経済状況は好況で,民衆は独立の意志を捨てて保守本流へと流れた.通商工作をこちらが阻害し続けたためかもしれない.この調子では,他の都市船でも保守本流への転向が続き火星の二極化が進んでしまいそうだ.
つまり不況都市船(革新派)vs好況都市船(保守本流)の構図である.
これでは4月の全国区選挙で保守本流へと票が流れてしまう危険がある.もちろん,火星は今年度中~来年初頭にかけて独立の予定なのだがこれはまずい.

やはり完全なる平和が訪れるまで,火星には好況を避けてもらう必要がある.ということで,通商工作再開.当艦はこれより民意を味方につけつつ都市船を敵に回す.
[PR]

by unep | 2005-07-25 19:16 | その他

『マッピー』用ボーダー

<< 絢爛プレイ日記8 絢爛プレイ日記6 >>