Twitter / unepist

絢爛プレイ日記6

さて,選挙速報である.
10月の火星都市船選挙の結果,大半の都市(クリュセ除く)が革新派,一部が中道となる.
序盤からの戦闘でほとんどの都市船が貧困&圧政にあえぐこととなった結果だろう.ここまでは予測どおりの展開だ.好況なクリュセのみがTDFへと転向.あとで通商工作による弱体化を図ることにする.

予想以上の結果だったのは,ネーバルウィッチに送ったポー教授が同盟を取り付けてきたこと.少なくとも革新派でいさせるために行った派遣だったのだが,結果として革新派ネーバル艦隊を『夜明けの船』の味方に引き込むことに成功したようだ.同時に,中道派に転向した第6異星人とネーバルの関係が仮想敵に悪化.光国が弱体化した現在となっては,唯一の脅威であった両陣営が戦争に突入すれば『夜明けの船』は手を汚さずして火星の平穏を手に入れることが可能だろう.

ちなみに,光国本国は火星独立軍との戦争での疲弊からか保守派に転向.戦力は100をきっているため事実上の無力化といったところだ.光国内でも辺境と要塞は革新派になっているためネーバルが冥王星を降伏させてからの戦闘は回避されたのだろう.このまま,光国本国を叩きつぶせば光国との戦争も終結だ.
第5異星人は中道派に転向,火星に軍隊を派遣開始.しかし,そもそも弱小勢力であるため脅威ではない.

太陽系では,月,火星衛星,土星が中道に転向.残りの惑星はほぼ革新派で統一され,ネーバルとの戦争を行う外惑星(天王星,冥王星)は革命派.地球のみが唯一保守本流へと転向したが,既に戦力は0となっているため何ら脅威ではない.
このまま,火星独立軍の敵となった火星衛星,土星を無力化すれば,火星独立の条件である『太陽系内の総戦力が300以下』が実現可能だ.無駄な戦闘が回避できるだけ好都合だ.
無論,これには冥王星がネーバルに降伏するということも含まれている.
[PR]

by unep | 2005-07-25 15:35 | その他

『マッピー』用ボーダー

<< 絢爛プレイ日記7 絢爛プレイ日記5 >>