Twitter / unepist

絢爛プレイ日記4

さて,夜明けの船での生活が始まった.
飛行隊に所属するPCの日常生活は至って単調なものである.勤務中はとりあえずハンガーでRB(ラウンドバックラーという人型戦闘兵器)のメンテを行い,暇をみて下部甲板の食堂で食事.休憩時間はクルーとの会話を楽しんだあとに自室で睡眠だ.就寝前には,自室のデスクで興味のある技能の訓練をしたり,トレーニングルームでサンドバッグを叩いてストレス発散したり・・・.

ほとんど仕事をしていないじゃないかと言われそうだが,飛行隊パイロットもなかなかに多忙である.まずアラートが発令するとハンガーに急行して出撃準備を行わねばならない.
アラートには『第一級戦闘配備』と『第二級戦闘配備』の2種類があり,第二級が戦闘警戒体勢であるのに対して第一級は戦闘中を意味する.飛行隊パイロットにとってはハンガー集合出撃準備と出撃開始と考えればよい.
このアラートは艦長によって発せられるものであり,基本的にいつ発令されるかわからない.(基本的な情報はデータブック画面の『航海情報』内の敵艦隊位置から推測できるが艦長任せにしていると突然の第一級アラートに驚かされることが多い)

アラートが鳴り響くとトイレに向かっている時でもハンガーへ直行しなくてはならない.これが他の部署ならば代員が存在するが,飛行隊には控えメンバーはいないからである.第一級戦闘配備発令時には,前に説明したRB戦闘に出撃することとなるのだ.
[PR]

by unep | 2005-07-19 17:01 | その他

『マッピー』用ボーダー

<< 絢爛プレイ日記5 絢爛プレイ日記3 >>