Twitter / unepist

2004年度アメコミランキング

毎年恒例,Diamond Comics Distributorsが2004年度のComics販売ランキングを発表しました.昨年はMarvelもDCも注目作品が多かった(というか,ヒットした企画がどちらにもあった)年だったと思うのですが,はたして軍配はどの作品に?

まずはこちらのランキング結果をご覧ください.
出版社別売上げ部数ではMarvelとDCが例のごとく対決いていますね.左からそれぞれ総合売上げ,発行部数(たぶん),重版売上げ,重版発行部数(たぶん)です.3位はDARK HORSE COMICSで,IMAGE COMICS,そして5位にはMangaに力を入れているTOKYOPOPなんかが入っていますね.(ちなみに,これはDiamondの集計できる範囲でのデータとのこと.書店経由でも流通するMangaの実際の売上げははたして?)

つづいて,作品別に見ていくと,TOPはジム=リーのSUPERMAN#204.続いてNew Avengers#1が2位にランクインいています.続いて,SUPERMAN BATMAN #8,IDENTITY CRISIS #1.私の愛するAstonishing X-MEN#1は第5位でした.
ちなみに,上位のComicsはこれら5作品でほぼ独占状態.(New Avengersは11月スタートのため#1のみランクイン.#2は12月末に発売.)作品全体としての順位も,SUPERMAN,SUPERMAN BATMAN,IDENTITY CRISIS,Astonishing X-MENの順.それでいて,総合的な売上げはMarvelが買っていますが,これは純粋に作品数と発行部数の違いなのか?それとも映画の影響力か??
[PR]

by unep | 2005-02-03 20:20 | アメコミ

『マッピー』用ボーダー

<< 資料館アップデート中! 携帯が壊れちまった >>